平日9時~18時 土10時~15時 時間外対応可能

(論点)セールストーク「失礼ですが、それはあなたのクオリティーが低いからではないですか?」

2024年06月15日

何様のつもりだ、と言いたくなるような言葉ですよね。実は実際、先日HPの営業で受けた言葉です。これは、圧迫営業であり、客を圧倒させて成績を上げる手法の一つですが、問題も多く発生します。不動産投資の営業なんかでも使ってくる人いますよね。少しお話をしたいと思います。

目次

1.「失礼ですが、それはあなたのクオリティーが低いからではないですか?」と言われた経緯

2.客を馬鹿にしたセールストークについて

3.まとめ


1.「失礼ですが、それはあなたのクオリティーが低いからではないですか?」と言われた経緯

 とあるHP制作会社から電話があました。いつもこの手の営業の時に話をするのですが、自分ですべて企画制作しているHPで、すでにページビューは60万を超しており、クリック数も2万を大きく超えていて、今、HPを変えることは考えてないことを話しました。

 それでも、自身の強みである「クオリティーの高いHP」を説明するのですが、具体的に、どうやって現状より数値を増加させるのかの案を聞いても、一向に応えることはなく、私が現状の数字まで一気に上がったが、数値の増加が少し鈍化したことを話すと「失礼ですが、それはあなたのクオリティーが低いからではないですか?」と言ってきました。

 わたしも「失礼ですが、あなたの提案は何一つ私の目的にマッチングしていないと思います。HPの上位表示は既にできていて、ある程度の数字も稼げている現状で、他に何ができるんですか?」と聞き返すと、「我々に任せていただければ、月々9千円で、クオリティーの高い・・・・・」と続けるだけでした。

 「クオリティーが高くても、上位表示されないページはいっぱいあるし、むしろ上位表示させるためには、すでに自身のHPで、ノウハウを見出しています。だから、私のようなクオリティーの低いHPでも、十分に役立っていますよ。御社でHPを作る目的は何ですかね?クオリティーの高いHPを作ることですか?HPを作ってもだれも見てくれないHPだったら要りませんよ。」と言って電話を切りました。

 何を言ってんだという感じですね。

2.客を馬鹿にしたセールストークについて

 客を馬鹿にしたセールストークは、短期的には効果がある場合もありますが、長期的には多くの問題を引き起こします。以下にその効力と影響を説明します。

(短期的な効力)

①心理的圧力: 客を馬鹿にするセールストークは、心理的圧力をかけることで、相手が劣等感を抱き、早く取引を成立させようとする行動を促すことがあります。

➁高圧的な販売: 強引なセールストークにより、客が圧倒されて購入を決断することもあります。特に、自信のない客や情報不足の客は、このようなトークに影響されやすいです。

(長期的な問題)

①顧客満足度の低下: 客を馬鹿にする態度は、顧客の満足度を大幅に低下させます。購入後に自分が侮辱されたことに気づいた客は、不満を抱くことが多いです。

➁ブランドイメージの悪化: このような手法は、企業やブランドの評判に悪影響を与えます。不満を持った顧客が口コミやSNSでネガティブな評価を広める可能性があります。

③リピーターの減少: 顧客が再びその企業から購入する意欲が失われます。長期的な関係を築くことが難しくなり、リピーターが減少します。

④法的リスク: 特に悪質な場合、顧客が法的措置を取る可能性があります。これは企業にとって大きなリスクとなります。

(効果的な代替手法)

①顧客を尊重する: 顧客の意見やニーズを尊重し、丁寧に対応することが重要です。これにより、信頼関係を築きやすくなります

➁価値の提供: 商品やサービスの価値を分かりやすく説明し、顧客がその価値を理解する手助けをします。顧客が納得して購入を決断することができます。

③教育的アプローチ: 商品やサービスについての知識を提供し、顧客が informed decision(情報に基づいた意思決定)を行えるようにします

 以上から、結論として、客を馬鹿にしたセールストークは短期的に一部の顧客に対して効果を発揮することがあるものの、長期的には顧客満足度の低下、ブランドイメージの悪化、リピーターの減少、法的リスクなど、多くの問題を引き起こします。持続可能なビジネスのためには、顧客を尊重し、信頼関係を築くことが重要です。

 目先の利益にとらわれすぎて、企業価値(ブランド力)そのものを棄損したのでは、意味がありませんからね。

3.まとめ

 このように、日常にあふれている理不尽な話も、言語化することにより何が問題で、どのように対処すべきなのかが見えるようになってきます。一旦出した言葉は、撤回なんてできませんからね。

 何事も勉強です。いやな思いをしたというだけではもったいないですからね。

 特に士業は、相談に来る方より、圧倒的に知識量が上ですので、だからこそ、相手の立場に立ち、話をじっくり聞くことで、解決策を提示して問題解決に導くことができると考えております。圧迫するような話をする方には、自分自身、また行こうという気にはならないですからね。 

最新のブログ記事

令和6年8月21日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

生命保険は、相続対策として非常に有効な手段の一つです。相続税の負担を軽減し、遺産分割をスムーズに行うために生命保険を活用することは、多くのメリットがあります。以下に、生命保険を利用した生前対策のメリットを詳しく説明します。

遺言書の形式には、主に公正証書遺言と自筆証書遺言の2種類があります。これらの遺言書のうち、公正証書遺言は、法的に確実でトラブルを防ぎやすい形式として広く利用されています。以下に、公正証書遺言のメリットを自筆証書遺言と比較しながら詳しく説明します。

生前対策を考えるとき、相続発生した場合を想定して行います。しかし、何から手を付けていいやらわからない方も多いのではと思います。今回、専門家への相談も含め、具体的な内容について少しお話をしたいと思います。