平日9時~18時 土10時~15時 時間外対応可能

令和5年12月25日正午開設の「しほサーチ」(相続登記を必要とする方向け)

2023年12月25日

日本司法書士会連合会が、令和6年4月1日に施行される相続登記の申請義務化に向け、相続登記手続を必要としている方が司法書士を容易に検索できる環境を整備することを目的として、相続登記に関するウェブサイト「しほサーチ」を開設されました。相続登記義務化に備え、より司法書士へのアクセスがしやすくなればと思い、この「しほサーチ」について解説いたします。

目次

1.「しほサーチ」とは

2.「しほサーチ」のアクセス方法

3.「しほサーチ」の内容について

4.まとめ


1.「しほサーチ」とは

日本司法書士会連合会が、令和6年4月1日に施行される相続登記の申請義務化に向け、相続登記手続を必要としている方が司法書士を容易に検索できる環境を整備することを目的として、相続登記に関するウェブサイト「しほサーチ」を開設されました。

2.「しほサーチ」のアクセス方法

 インターネットを使った環境で、パソコン・スマホから以下のURL(ホームページを開くための文字列)

 https://souzoku.shiho-shoshi.or.jp/lp

 上記、リンク先をクリックすることで「しほサービス」にアクセスることができます。

 ※サービス提供開始は、「令和5年12月25日正午」です。

3.「しほサーチ」の内容について

 執筆時点(令和5年12月24日)では、「しほサーチ」で提供されるサービスの内容として、

 ①相続登記申請義務化に関する情報

 ➁司法書士検索機能

  ※日司連業務及び財務等の情報公開に関する規則第6条に基づく司法書士会員情報等を掲載

 ③相続登記等に関する記事

  ※順次掲載予定

4.まとめ

 令和6年4月1日から始まる「相続登記義務化」に向けて、相続登記を必要としている方向けに、司法書士を検索するサービス「しほサーチ」を提供することになりました。対象者は、相続で専門家の相談が必要な方全てです。ぜひ、ご活用ください。

最新のブログ記事

令和6年7月17日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

2021年の民法および不動産登記法の改正により、日本では相続登記が義務化されることとなりました。この改正は2024年4月1日から施行され、相続による不動産の登記が義務付けられることで、所有者不明の不動産の問題を解消し、透明性を高めることが目的とされています。以下では、相続登記義務化の背景、具体的な内容、そしてその影響について詳しく説明いたします。

経営者にとってのビジョンマップは、会社の目標や戦略、価値観を視覚的に表現するツールです。これにより、組織全体が目指すべき方向を共有し、戦略的な一貫性を保つことができます。以下に、経営者のビジョンマップについて詳しく説明します。

何様のつもりだ、と言いたくなるような言葉ですよね。実は実際、先日HPの営業で受けた言葉です。これは、圧迫営業であり、客を圧倒させて成績を上げる手法の一つですが、問題も多く発生します。不動産投資の営業なんかでも使ってくる人いますよね。少しお話をしたいと思います。